So-net無料ブログ作成
検索選択

「もぐバス給餌」に慣れた新入り琉金 [もぐもぐバスケット給餌]

ウチに来て約2週間経った「古澤氏琉金」ですが、当初不安だったウチ独特の給餌方法「もぐバス給餌(前回日記)」にすっかり慣れてくれました。(^^)

20151128_01a.jpg

でも本水槽に合流させてから4日くらいは「もぐもぐバスケット」を餌として認識してなかったので、ウロウロしたり、先輩琉金たちのおこぼれに食いつく程度だったのでかなり心配しました。[がく~(落胆した顔)] 
まあ、ウチに来るまでは粒餌を与えられてたと思うので、そう簡単には慣れてくれないと思ってましたが、自分が思っていた以上に時間がかかった気がします。(^_^;)

20151128_02.jpg

徐々に「もぐもぐバスケット」を突きだしたのが5日目くらいです。先輩金魚たちを押しのけても食べに行くようになりました。彼(彼女)の中で1UPしたんですかね。(^_^;)

よ~ そこのわけぇーの~♪

20151128_03.jpg

観察してると、「もぐもぐバスケット」を下から突く仔や横から突く仔、どちらでもいける仔って感じで分かれてます。金魚にも個性があって見ていて楽しいです。(^^)


「もぐバス給餌」は金魚たちが激しく動き回って、長い時間(2~3時間)かけて餌を少量づつ食べます。金魚本来の食性に近づけているためか、「食後に浮く」という初期転覆症状はなくなりました。
運動量が多くなって活性が上がり、餌も十分に与えられるため、現在成長中です。(^^)
11/28時点で与えている餌の量(前回日記)
最近思うのは餌を十分に与えないと活性も免疫も落ちて弱い金魚になるような気がします。以前自分が経験済みだから言えることです。^_^; (もちろん餌の与えすぎは消化不良や転覆病の原因になるし、金魚に悪影響を与えると思います。餌の適正量の見極めが本当に難しい。^_^;)

賛否両論あると思うし、検証も現在進行中なので、今の段階で「もぐバス給餌」の良し悪しの判断は出来ませんが、ウチの場合、「ミラクルバクテ」や「オキシデータ」より、「食後の浮き」に関しては「もぐバス給餌」のほうが確実に効果がありました。
現在は「ミラクルバクテ」や「オキシデータ」にどういう効果があるのかいまいち分からなくなってます。(^_^;) 数々の失敗を経て色々学ぶことが出来たので、上部フィルター+補助フィルターでも十分飼育可能だと考えるようになりました。捨てるのももったいないので「ミラクルバクテ」は今の在庫がなくなり次第止める予定ですが、「オキシデータ」は入れ物が残ってしまうので・・・。う~ん、続けるか悩む。[ふらふら]






↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

自家産当歳魚の様子 [繁殖]

久しぶりにウチの当歳魚たちの様子です。
写真撮っていたのですが、載せるの忘れてました。 (^_^;)

20151113_06.jpg

20151113_07.jpg

20151113_08.jpg

いや~、小さいですね。
更紗琉金の子供たちですが、琉金って感じの体型じゃない。和金と琉金の間かな。(^_^;)
大きくならないのは過密飼育の弊害なんでしょうね。
知人にあげる話もあったのですけど、家族がこの当歳魚たちを気に入っててなかなか話が進まず・・・。結局だらだらとここまで飼育してしまった。(^_^;)
まあ、過密でも元気だし群泳させると綺麗なので、このまま飼育し続けることになると思います。

ちなみにこの水槽にはオキシデーターやミラクルバクテは入れていません。22匹の当歳魚(3~4cm)を45cmロータイプ水槽で上部フィルターとスポンジフィルターの濾過ですが何とかなってます。
だたし、1週間に1度の水換えと上部フィルターのメンテナンス(ウールマットやろ材清掃・交換とインペラー清掃等)は必ず守ってます。





↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

お蔵入りの写真と「ピー」の引き取り [飼育状況]

昔の写真見てたら、「2015日本観賞魚フェア」の総合優勝魚、「古澤氏琉金」のお蔵入りしていた写真があったので載せます。

20151115_21.jpg

20151115_20.jpg

20151115_19.jpg

写真では比較対象物がないのでわかりにくいのですが、すっごく大きいです。
大きい上にとても綺麗。すんばらしい琉金さんなのです。

このような大きく色鮮やかな琉金にするにはウチのような日の当たらない、狭い、過密の室内水槽飼育では絶対に無理なんですよね。(^_^;)
最近は琉金たちの水槽環境を少しでも良くしたいと思って、水槽の容量UPと日の当たる場所への水槽移動を考えてますが、家族の了承を得るのは相当難しい。[あせあせ(飛び散る汗)]


話は変わって、加須の更紗琉金を襲い、死に至らしめた「ピー」(ピーについては前回日記(11/10)をご覧ください)を近くの熱帯魚店に引き取ってもらいました。
「ピー」は健康な個体は襲わないかもしれないですが(絶対襲わないとは言えない!)、一度金魚を襲っている現場を見た私としては本水槽に戻す気分にはなれず、お別れを決意しました。

「さよなら、ピー。金魚よりもお高かったピー。達者で暮らせよ。(T_T)/~~~」

20151121_01a.jpg






↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

「古澤氏琉金」本水槽へGO! [飼育状況]

購入日(11/16)よりバケツでトリートメントしていた琉金ちゃんですが、木曜日(11/19)に少し寒くなり、ヒーターの入っている本水槽が水温が安定しているので・・・、

「ええ~い!いれっちまえー!」

ってな感じの勢いで本水槽に合流させました。(^_^;)
考えてみれば今までの金魚たち、まともにトリートメントして水槽に入れたことないな~。[あせあせ(飛び散る汗)]

でも「まぜるな危険」って言われてるくらいトリートメントって重要なので絶対マネしないほうがいいです。トリメンしないで合流させるなら全滅覚悟で臨みましょう。 (`・ω・´)キリッ
トリートメント方法については様々あるので、「金魚 トリートメント」などでググッてみてください。(1ヶ月以上のトリートメントを推奨している方が多いようです)

20151120_01.jpg

20151120_02.jpg
本水槽に入れた古澤氏琉金ですが、先輩流金たちにいじめられることもなく、むしろ堂々としていて群れの中に自然にとけこんでました。この仔自体イジワルでもないようなので一安心です。
大きさは加須の平賀産琉金より一回り小さいですが、他の仔と同じくらいです。まあ、加須の仔は「もぐバス給餌」で急成長したので、以前の給餌方法(土佐姫・ミラクル茶漬け)なら同じ大きさだったかもしれません。(^_^;)

20151120_03.jpg
どちらかというと写真一番左の加須(平賀産琉金)の仔の後についていきます。同じ色だから仲間だと思っているかもしれません。


問題はウチの独特の給餌方法「もぐバス給餌」に慣れてくれるかです。今のところ「もぐもぐバスケット」を餌と認識してません。ウロウロして先輩金魚たちの邪魔してます。(^_^;) 
1週間くらいは様子を見て、ダメなら色々考えてみます。





↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

野本養魚場さんで購入した「古澤氏琉金」 [ペットショップ]

ちょっと色々ありまして更新が遅れました。(^_^;)

諸事情があり(詳細は割愛)、最終的に3,000円の当歳魚を購入しました。

以下の写真が購入した仔です。諸事情により、ほとんど抜かれた状態の数少ない中から選んだ個体なので、良個体と言うわけではありませんが、自分はすごく気に入ってます。[ぴかぴか(新しい)]


20151118_01.jpg
上見

20151118_02.jpg
右側

20151118_03.jpg
左側

柄が☆になった更紗琉金に似ているような気がします。一応そういう個体を探してました。(^_^;)
健康状態はすごく良さそうです。元気一杯です!
大切に育ててきたいと思います。


*2015.11.19の追記を削除しました。
*2016.3.10 記事を再編集しました。
*2016.11.21 記事を再編集しました。
*2016.11.21 2016年の琉金フェアは撮影が禁止?(だったらしい?行ってないのでわからず。)という情報を見ました。昨年、店主様には撮影とブログへのUPの了解を得ましたが、念のため昨年の琉金フェアの[2015-11-15]の記事を削除しました。




↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

「粒餌」と「もぐバス」、給餌後の比較 [もぐもぐバスケット給餌]

ウチの琉金たちは「粒餌」(土佐姫やアイドルなど)を小さいスプーン1杯を1日2回で夕方に浮く症状が起こってました。
状態が悪い写真を撮るのはあまり好きではなので、数枚しか撮ってないのですが、あえて「浮き症状」の写真を載せて「もぐバス給餌」との比較をしてみることにしました。
下記は2015年9~10月ごろ撮った写真です。(土佐姫「ミラクル茶漬け」を与えていた頃です)

20151113_12.jpg
2回目(昼頃)の餌をあげるとこんな感じになります。一生懸命水槽の底に潜ろうとしますが、体がプカーと浮いて水面付近を漂います。次の朝まで治りませんでした。
目が死んでいます。(撮り方もありますが ^_^;)

20151113_11.jpg
水槽の下のほうに行くことができないので、水面を漂います。夕方は人が通っても水槽の奥のほうでボーとして、餌くれもせず、ただただ口をパクパクしてエア食いします。(水槽を見るのがつらかった時期です)
*エア食いに関しては諸説ありますが、私は転覆に多少なりとも関係していると感じています。(昔は関係ないと思っていました。 ^_^;)
そして浮き症状を起こすとあまり成長しないような気がします。



10/18頃から「もぐもぐバスケット」を使用しての給餌に変えた結果・・・、
*「もぐもぐバスケット給餌」の詳細は前回記事(こちら)をご覧下さい。

20151113_01.jpg

20151113_04.jpg
給餌後の写真です。昨日の夜撮りました。
水槽の底のほうでのんびりしていて、「もぐバス給餌」を始めて約4週間経ちますが、浮き症状を起こしたことはありません。
(最初の1~2回は餌が変わったので完全に転覆した仔もいましたが ^_^;)
人が水槽近くにいても写真のように寄っては来ますが、お腹が満たされているためかエア食いすることはほとんどなくなりました。

20151113_02.jpg
この2匹が徐々に大きくなっています。写真では伝わりにくいですが、琉金の特徴である丸みが増したように見えるのです。

20151113_03.jpg
左の仔(加須の琉金)は横にも大きくなっている感じがします。
右の仔(白更紗)は「もぐバス給餌」を始める前から少し調子を落としていますが、沈没気味だったのが少し回復したような気がします。

20151113_05.jpg

この「もぐバス給餌」関連の日記、「もういいよ!」ってくらい続けていますが、とにかく以前とは比べ物にならないくらい琉金の調子が良くなったので、毎日水槽を見るのが楽しくて日記にしてます。 (^_^;)


まだ「もぐバス給餌」を始めて1ヶ月も経ってないので、これからも検証は続けていきます。[メモ]






↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

加須の琉金、死す! 無念・・・(T_T) [飼育状況]

今朝、水槽を見たら昨日襲われた「寝たきり金魚」(加須の琉金)が動かなくなっていました・・・。
やはり相当傷が深かったようで、昨日の夜は口のパクパクがすごく小さくなっていたので覚悟はしていましたが・・・。[もうやだ~(悲しい顔)]

考えてみたら2015年4月に購入して水槽導入直後からかわいそうなことをしました。

20150405_14.jpg
購入時の様子。左の仔です。赤勝ちの綺麗な仔ですごく気に入ってました。

本水槽導入直後に・・・、

20150408_02.jpg
更紗琉金の強オスに攻撃され、尾びれがボロボロに・・・。

20150410_02.jpg
尾びれは徐々に回復していきましたが・・・、

20150913_02.jpg
ストレスや給餌方法を間違えて転覆を繰り返し、最終的には沈没病に・・・。
そして最後には他の生物に食べられるという本当にかわいそうなことをしてしまいました・・・。
これを教訓に残った金魚たちを大切に育てていこうと思います。

「もぐバス給餌方法」をもっと早く見つけていればこんなことにはならなかったはず・・・。(T_T)
(食後の浮きのときに対処すれば転覆病や沈没病を防ぐことが出来た可能性があります)
加須の琉金、本当にゴメン。うちに来て不幸の連続だったね。(T_T) どうか安らかに眠ってください。





↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村


タグ:平賀産琉金
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

襲われた寝たきり金魚 (T_T) [飼育状況]

今日の記事は分かる人が限定される内容となってます。ゴメンなさい。

今朝、水槽を見ると「寝たきり金魚」(沈没病の加須の琉金)が無残な姿になってました。(T_T)

20151110_01.jpg

犯人は「ぴー氏」です。犯行現場を見ました。
*「ぴー氏」については事情により生物名を出すことは出来ません。

20151110_02.jpg

「寝たきり金魚」に乗って食べている「ぴー氏」を急いで引き離しましたが時すでに遅し!
鱗がはがされ、肉が見えている状態です。呼吸が速く餌も食べません。
危篤状態のように感じます。(T_T)

今まで共存できていて、前日まで「寝たきり金魚」に傷一つなかったのが、いきなりの蛮行です。[ちっ(怒った顔)]
でも考えてみれば「寝たきり金魚」はあまり動けない状態なので、「ぴー氏」と混泳させるのは危険だったのかもしれません。
「ぴー氏」は夜行性なので、夜中に「寝たきり金魚」を激しく襲ったようです。夜~早朝は水槽見ないので暴挙に気づくのが遅れました。[ふらふら]

とりあえず忙しい朝に隔離箱に「寝たきり金魚」を移しましたが、仕事中よく考えたら
金魚を攻撃することに味をしめて他の金魚を襲うのではないか」と思い、帰宅してすぐに「ぴー氏」をバケツに隔離しました。

伏字が多いので何を言っているか分からない方もいると思いますが、結局言いたいことは・・・、
やっぱり金魚飼育には「金魚」以外の生物は入れないほうが良いということなのです。
今後「ぴー氏」が健康な金魚を絶対襲わないとは言い切れないので・・・。
(夜、金魚が寝ているときが一番危険かも!少し元気がない金魚も要注意!)
「ぴー氏」を金魚水槽に入れるメリットは確かにあります。しかし!デメリットがあることも事実です。

自分のせいですが、ちょっとショックでかすぎです・・・。
「ぴー氏」の処遇については後で考えますが、今後絶対に金魚水槽に入れることはないでしょう。






↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村





タグ:平賀産琉金
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

「もぐバス給餌」での餌の量 [もぐもぐバスケット給餌]

もぐもぐバスケット給餌を始めて約3週間。
あまりに順調すぎて、少し拍子抜けしています。(^_^;)
夜、仕事から帰ってくるといつも苦しそうに浮いていた金魚たちが、「もぐバス給餌」を始めてから全く浮かなくなり、低~中層をのんびり泳いでいるので、帰ってきてから水槽を見るのが楽しみになりました。(^^)
 
15g入りのプレコの餌がなくなってしまったので、今日は「かねだい」に行きました。78gの「ひかりクレストプレコ」が約680円でした。結構お高めですが、琉金を転覆させずに育てられるなら安い物です。もうこれ以外の餌(お高い粒餌や冷凍赤虫など)を買う必要がなくなったことだし。(^^)

20151108_02.jpg

この「ひかりクレストプレコ」はスピルリナ・クロレラが配合されているみたいなので、琉金たちにも良いような気がします。
300gの物が約1300円くらいでかなりお買い得感があったのですが、78gでどのくらいで消費するかを試したかったので、今回は78gにしました。次回は300gにすると思います。(^_^;)


現在与えている餌の量は琉金4匹で、朝に「ひかり胚芽 沈下(中粒)」を12粒、昼に「ひかりクレストプレコ」を2粒を与えています。

20151108_03.jpg
これらの餌は徐々に水中に溶け出すので、3~4時間掛けて完食します。今までは小さいスプーンに「土佐姫」1杯(写真・左)でも浮いてしまっていたので、これだけ沢山の餌を食べても浮かないのは本当に驚きです。
(理由は前回の日記をご覧下さい)

20151108_01.jpg

立派に長いフンをするようになり、少し大きくなった気がします。
餌の量が増えたので、やはり水が汚れるのは早い感じですね。1週間に1度の水換えは必須です。水換えは苦に感じないのでいいんですけどね。
目標だった「転覆させないよう、健康な金魚に育てる」ことはようやく達成できそうです。あとは「もぐバス給餌」で少しでも大きく成長させることができるかを検証していきたいと思います。




*注意!重要!
◎ウチの金魚の消化不良(餌やり後に水面に浮き、下に潜れないが次の朝には治る)には効果がありましたが、本来の転覆病(逆さまになって常に水面に浮いている状態等)にはもちろん効果はありませんし、消化不良が治らない金魚もいます。
◎「もぐもぐバスケット」を使うことによって金魚に悪影響を与える可能性があります。
◎使用する餌が金魚の餌ではないので、金魚に悪影響を与える可能性があります。
以上の点を踏まえ、参考にされる場合は全て自己責任でお願いします。






↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
当ブログはリンクフリーです。 記事、写真などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載はお断り願います。