So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

浮き症状克服記録2018<2>  【浮上性餌】 [エサ]

20180717_03.jpg
浮き症状(水面背中だし浮き、下に泳いでもスーと上がる)がなくなり、金魚が元気になると自分も元気になる単純なハムオです。(^▽^;)

前回、もに~さんお勧め餌の「ホワイトミール」で浮き症状を克服したのですが、この餌は「浮上性」です。
*「ホワイトミール」に関しては与え方、給餌量などが大事になってくると思うので、もに~さんに相談してから購入することをお勧めします。私は食後の浮き対策(初期転覆)の対応で「ミラクル茶漬け」「もぐもぐバスケット」など色々やってきましたが、浮き症状に一番効果があった餌がこの餌だと感じています。(現在試用約3週間なので、まだ結論は出てません。)

浮上性の餌はネットの情報だと空気を一緒に吸い込んでしまうので良くないといわれているのですが、この餌を与えて浮き症状が治ってからは「浮上性」「沈下性」どちらも特に関係ないのではないかと思ってきました。むしろウチの浮き症状を起こしている金魚に評判の良い小麦粉不使用の「らんちう貴族」などの沈下性の餌を与えると浮き症状が激しくなり、エア食いも止まらなかったです。
ただ、やはり理想は沈下性の餌ですかね。(;^ω^)
20180717_01.jpg
今のところ食後の浮きがない沈下性餌は「ヘルシーラブスター」以外では見つけられていませんが、もに~さんで小分け販売されてる沈下性の餌があるので今後、小分け販売餌を試してみたいと思ってます。


20180717_02.jpg
もに~さんで買った小分け販売のクロレラ。
消化が良いというので試しに買いました。この餌もいい!
初めは食べなかったのですが、いつの間にかなくなってました。(^^;)
ウチの水槽、コケも水草もないので、これで緑成分を補ってもらいます。
水が緑色になるので、水換え1日前に与えてます。

20180717_04.jpg
金魚飼育素人の考察ですが、今回の浮き症状(初期転覆)はまずストレスから起こったと思われます。
ストレスの理由は様々ですが、「水が合わない」「水槽が狭い」「水槽周りの環境が嫌だ(騒音、光、人の往来が激しい等)」「同居金魚が嫌い」(^^;) とかかもしれませんが、これは金魚のみ知るところです。
ストレスがかかると消化不良を起こしやすくなるのではないかと思われます。消化不良になると市販の乾燥フード(粒餌他)の消化が難しくなるのかもしれません。健康な金魚は消化ができて、ストレス金魚に消化が難しい成分が多くの餌に入っている。(⇐小麦粉ではない。ウチの金魚は小麦粉は消化できてる。)「ヘルシーラブスター」や「ホワイトミール」はその成分が少ないので、ストレスがかかっていても消化できると思われます。
このことから、ストレスを軽減してあげることがかなり有効な手段になると思われます。
現在、家族に相談し、水槽移動の交渉をしている最中です。(^^;)


冷凍赤虫のみの給餌で浮いたのはなぜか?
私しか冷凍赤虫を与えないので、出勤前の朝6時の1回のみです。
赤虫給餌後は消化が良いためか、腹持ちしないのか必ず数時間エアパクしてました。もしかしたら金魚が活発な夏の暖かい時期なので絶対的な給餌量が足りなくて、エア食い⇒おなか減っての「食後の浮き」というのもありえるかもしれません。
まあ、この考察は自信ありません。(;^ω^)

ちなみ今回の浮き症状については今の時期(夏の金魚が活発に動く)のことを前提としています。低水温期秋~冬~春の金魚の動きが少ない時期はまず絶食で様子見です。


スーパー金魚素人の感じたことですので、ほとんど参考にならないと思いますが、今後の飼育のために記録しました。
浮き症状を起こさせないよう、飼育していきたいと思います。






現在、更新通知、ランキングが反映されないので休止中です。
直り次第復活予定です。
他のブログのランキングが見たい方はこちら↓

にほんブログ村
コメント(0) 
共通テーマ:ペット

「らんちゅう」の餌を選ぶ [エサ]

20180218_02.jpg

現在「らんちゅう」たちの餌は朝一で冷凍赤虫、昼にフードタイマーで「メディゴールドIGP」を1回与えています。
朝は7時前には出勤してしまうし、忙しくて冷凍赤虫を解凍する時間もないので、ブロックのまま水槽にドボンです。(^^;) 琉金2匹、らんちゅう2匹に対して2ブロック与えています。金魚たちは朝寝ぼけて最初の内は食いがあまり良くなかったのですが、今では朝一の時間に慣れて凄まじい勢いで食します。(^^;

20180218_06.jpg

冷凍赤虫はやはりいい餌ですね。低水温時でも安心して与えられます。
問題は粒餌ですが、「メディゴールドIGP」はフードタイマーの1目盛だと少なすぎて、2目盛だと多すぎる感じがしてます。もう少し粒径が小さいものに変えたいと思いました。

私の水槽環境(水槽飼育・餌少な目)で一番いいと思う(フードタイマーに合う)大きさの餌は・・・
20170903_01.jpg
このエサの細粒の大きさがいいんですけど、ヘルシーな餌のためかいまいち食いが悪い・・・。
(平均10℃水温の玄関水槽の和金たちのメイン餌です)

リビング水槽のらんちゅうたちは15℃以上の水温なので、ある程度の高蛋白餌でも大丈夫かもしれないと思い、下記の餌を近くのホームセンターで買ってきました。

20180218_09.jpg
らんちゅう定番の餌、「ランチュウベビーゴールド」と初めて見る餌「金魚坂・らんちゅう」を買ってみました。ホームセンターではランチュウ用の色々な餌が売っていたのですが、粒の細かそうなこの2つの餌を選びました。

20180218_12.jpg
↑「ランチュウベビーゴールド」
さすがらんちゅうの餌だけあって蛋白質、脂質が高い。
こちらの餌は春以降の最低水温20℃以上になってから与えようと思います。


20180218_11a.jpg
↑「金魚坂・らんちゅう」
おー、こちらはらんちゅう用にしては低めの蛋白質・脂質だなぁ~。まあ、色揚げ成分が入っているようなので、油断はできませんが。(^^;)
これなら今の時期でも使えそうなので、早速フードタイマーにセットしました。
食いはまずまず良さそうです。しばらく様子を見ます。






↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村

コメント(0) 
共通テーマ:ペット

脂肪分の多い餌は長物でも・・・ [エサ]

20170910_05.jpg

コメット&朱文金に与える餌として、家に大量の在庫がある「らんちうディスク(育成用)」を与えていたのですが、それだけではかわいそうかなと思って、巷で有名な高蛋白・高脂肪(脂肪分13%以上)のある某エサを混ぜて与えてました。(だって購入時ガリガリだったんだも~ん (^^;))

20170910_02.jpg
夏場1ヶ月は特に問題なく給餌してましたが、最近、上記写真のコメットが少し浮き上がるようなしぐさを見せました。
いや、気にしなければわからないくらいの浮きです。しかし散々、「浮き症状」に悩まされてきた私には少しの浮きも見逃せないです。

「すこしのぉ~、ウキもぉ~、ゆるせない~、せこい人間になってたよ♪」 
(^_^;)

この仔は人が寄ると激しい餌くれ行動をするので、最初エアパクが原因かと疑いましたが、人がいないときは普通に泳いでいます。(無人カメラを設置して確認)
人がいるときのエアパクは癖のようで、これをあまり気にしていたらキリがないので、これは問題なし。

やはり問題は餌にあると思いました。
現在は「脂肪分13%某エサ」の使用をやめ、「らんちうディスク」と「金魚屋あいこ」さんからもらった下記写真の「ミシロサンプル餌」を混ぜて与えていますが、現在では全く浮く素振りを見せず、元気に泳いでいます。
浮き症状を気に過ぎている面もあったかもしれません。(^_^;)
20170903_02.jpg

他の理由としては・・・
①「脂肪分13%某エサ」が古くなっていた。
真夏に購入したので、30℃以上の高温多湿部屋で無造作に保管していたため、餌の劣化が早かったかもしれません。頻繁なフタの開け閉めによる劣化も考えられます。特に高蛋白・高脂肪餌の劣化は早いような気がします。

②気温の変化が激しい時に、夏と同じように餌を多く与えてしまった。
いくら転覆を起こしにくい長物金魚でも温度変化の激しい時期は餌やりに気を使う必要がありそうです。


以上が考えられます。特にあやしいのは①だと思います。この餌で「浮き症状」が出ると言っているわけではなく、新鮮な餌を与える、劣化した餌は与えないというのが重要みたいです。(丸手金魚の浮きとはまた別で、今回は長物金魚について思ったことです。)







↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村
コメント(0) 
共通テーマ:ペット

冬場の餌がようやく決まる [エサ]

20161204_03.jpg

年明けてすぐに更新しようと思ってたら、ネタがなくてだらだら延びてしまった。(^^;)
金魚の調子は相変わらずよくありません。沈没しているものもいれば、転覆・浮きもちらほら。モチベーションも下がる一方です。(´;ω;`) 冬はしょうがないのかな。春を待ちましょう。


この時期(18~20℃)与える餌ですが、3種類試して最近やっと固定できました。

「ヘルシーラブスター」・・・夏から秋までは浮き・転覆症状に絶大な効果があったものの、現在は他の餌と変わらず浮き・転覆しまくり。あの勢いはどこへやら。低水温時は効果薄い?

「らんちうディスク」・・・与え始めた当初は調子よかったものの、次第に浮き・転覆傾向へ。大量にある在庫どうしよう、困った。(T_T) 

「アイドル」・・・浮き・転覆傾向だが、上記2つの餌よりは症状が軽い。なので冬場はこの餌メインと週1の冷凍赤虫で落ち着いています。
まあ、ウチの金魚の場合ですが、低蛋白・低脂肪の餌がよかったのかなーと思っています。冬場ほどんど動かないですからね、こやつらは。(^_^;)






↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!


にほんブログ村


コメント(0) 
共通テーマ:ペット

フードタイマー [エサ]

昔、熱帯魚飼育で使っていた「フードタイマー」が家に眠っていたので使ってみることにしました。

20161218_05.jpg

黄色のピンはメーカーに注文して別途購入した記憶があります。

前回購入した「らんちうディスク」がたくさんあるのでいっぱい与えたいけど、「浮き症状」すぐ発生しちゃんだろうな~。(^^;)

餌の出は1目盛だと少なくて、2目盛だと多い。1目盛で細かく刻むか2目盛を2回にするかで悩みます。2回なら家族に頼むほうがいいかな。(^_^;)







↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村



コメント(4) 
共通テーマ:ペット

らんちうディスク(育成用)を購入 [エサ]

今年の8月から「ヘルシーラブスター」を与えてますが、寒くなった11月頃からどうにも金魚たちの調子が悪い。(>_<)
大人琉金水槽では加須の更紗琉金とキャリコ琉金が沈没気味。キャリコ琉金が沈没転覆フン詰まりで死亡。チビーズ水槽では沈没転覆で3匹が死亡してます。
確かに11月は気候が不安定で、さらに約4週間水換えが出来なかった時期があり、それが原因なのかもしれません。
しかし、今年6月に入院していた時は1ヶ月水換え出来なかったのですが、死んだ金魚はいなかったので、それを考えると水換えしなかったせいというわけでもなさそうです。

ヘルシーラブスターについて思ったことは前回日記(2016.11.25)のとおりです。
浮き症状に抜群の効果があったエサですが、ここにきて沈没症状に悩んでいます。
冷凍赤虫をたまに与えていますが、あまり効果はありません。(毎日与えないとダメかも)

そこで!!

思い切ってエサを変えてみようと思いました。エサを変えたからといって、沈没が治るとは思っていませんが、少し気分を変えてみたいのです。
今のエサの特性(沈下性・小さめの粒)を変えたくないので、約1.0~1.5mm粒の沈下性餌を探します。「土佐姫」が理想ですが、以前試したことがあってウチの一部の金魚に合わなかったので、他を探すことにしました。

キョーリンさんのHPを見ると「らんちうディスク」というエサが条件にハマって良さそうです。
20161207_03.jpg

20161207_02.jpg
「増体用」は蛋白質・脂肪共に多いけど、上記写真の「育成用」ならそこまで蛋白質・脂肪分は高くない(と思う ^^;)ので、ヒーター20℃設定だし冬でもいけそうな感じはします。
ちなみに「増体用」はサナギ原料を配合と小麦粉不使用(らしい)が「育成用」との大きな違いみたいです。リッチな仕様なので「育成用」よりも高価です。

早速、ネットショップで購入しました。送料込みでかなり安い!!
土佐姫やヘルシーラブスターと比較しても少し高い程度。むしろ900g入っているので超お得な感じがする・・・。小分け販売されているお店もあるけど、+送料・手数料がかかって内容量が少ない割には結局そこそこの値段になっちゃうんだよなー。( ;∀;)(お店が近かったら小分けを買いたい)

注文して次の日に届きました。さすが大手のネット通販は早い。
箱を開けると・・・


なんじゃーこりゃ!!(((;゚Д゚)))  デ、デカい・・・。(´;ω;`)


20161207_01.jpg
アイドル100gとの比較。大きさはもちろん、厚み、重さもあり、箱を開けたときホントにびっくりしました。900gって、こんなに内容量が多かったんですね。(>_<) やはり実物を見ないと実感わかなかった。
いつもならエサは開封後、3ヵ月くらいで捨てちゃうんですが、これはどう考えても相当余る。( ;∀;) しっかり空気抜いて、冷暗所に保管して6ヶ月までは使用することにします。大丈夫だろう。たぶん・・・。

20161207_04.jpg
粒の大きさはいい感じです。粒が均一で粉みたいな細粒は見当たらない。
なるほど、粒が円盤型になってるからディスクなのね。今頃気づいた。(^_^;)
今使っているエサよりは水の汚れが少なくなると期待できます。使用はじめたらレポートしたいと思います。







↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!


にほんブログ村





コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ヘルシーラブスターを与えて思ったこと [エサ]

横浜は24日に雪が降って室内もかなりの寒さになりました。
玄関の室温は約12℃くらい。大人金魚水槽(60cm水槽、琉金5匹)はヒーターを入れているので水温15℃以上はありますが、4日前くらいから底で動かなくなってしまったので、現在は19℃まで上げています。(1日1℃づつ上げます)
早速、目標は崩れてしまった。(^_^;)(2016.11.5日記
我ながら甘いなーと思いつつも、軟弱に育ててきてしまったのでしょうがない部分ではあります。

水温上げたのは良いけど、あんまり調子が戻らない。餌のときは動くけど、すぐ底でじっとしてしまう。
でも原因はなんとなくわかっています。実は最近、諸事情で水換えができてないんです。(現在約3週間水換えなし)水の汚れが関係しているかも。(ブログやってる暇があれば水換えしろと言われそうですが、文章は移動中でもかけるので。^^;)

今年の8月から「ヘルシーラブスター」を使っていて、我が家の金魚の浮き症状(軽度転覆)にはかなりの効果がありました。ウチの浮き浮き金魚たちには「ヘルシーラブスター」は手放せません。
しかし、注意しなければならない点に最近気が付きました。

20161119_03.jpg
1.粒が細かいため、餌が減ってくると細粒(上記写真エサ入れ・左上の底部分)が残ります。大人金魚の場合だとこの細粒までなかなか食べません。というか食べるまでにフィルターに吸い込まれる可能性大。
もちろん、ヘルシーラブスターの良さは粒の細かさにあると思います。
金魚の活性が高い夏はあまり気にせずあげてましたが、冬はあまり細かい粒はあげないようにしました。(エサ入れの底にたまる細粒を使い切らない)


20161119_01.jpg
2.フンの量がハンパないです。これもヘルシーラブスターの良さであると思いますが、他の餌と比べたら水の汚れが早い気がします。(他の餌より浮き症状が軽いので、たくさん与えてしまうということもある^^;)
夏から秋までは1週間に1回・3/4水換えで対応してきましたが、現在のようにどうしても水換えできないときもあるので、濾過を1段階強力なものにする必要があるかもしれません。
チビーズ水槽(60cmロータイプ・ちっこい琉金約15匹)は過密なので、上部フィルターを復活させるか悩んでいます。


20161120_03.jpg
3.なかなか大きくならない。(^_^;) 
自分の中では夏~秋にたくさん与えてつもりでしたが、思ったほど大きくなりませんでした。ヘルシーと付くだけに健康志向なんですね。私の与え方も悪かったと思います。

結論:
色々書きましたが、ウチの浮き浮き金魚たちに「ヘルシーラブスター」はやはり必要なエサだと思っています。
ただ単食では金魚たちもちょっと飽きが見えるので、他の餌と混ぜるのを試みても良いのかもしれません。






↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村


コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ヘルシーラブスターを試してみて [エサ]

20160901_01.jpg

ヘルシーラブスター100%給餌を約10日間続けてみました。

その結果、浮き症状があるウチの金魚たちには・・・

抜群に効果がありました。

もちろんすべての金魚の浮き症状が治ったわけではありません。ちびーズ金魚20匹のうち、3匹ほどが食後すぐに浮いてしまいますが、夕方には戻っている状態です。今までなら5匹以上が転覆、半数以上が浮き症状を起こし、夜までボーっと浮いている状態だったので、私の中では信じられないほどの改善でした。「ヘルシーラブスター」は間違いなく、ウチの金魚たちには効果があったと思います。

今思えば本当に色々なエサを試してきました。
消化によいと聞いた「アイドル」「土佐姫」「あゆソフト」「プロリア」等々、試してみましたが結局ダメでした。
最近では「浮き症状は丸手の金魚の宿命」と勝手に決めつけて、「浮き症状はエサによるものではない」と思い込み、あきらめてました。実は今の金魚たちが☆になったら金魚飼育をやめるつもりでした。
しかし、このエサのおかげで金魚飼育に希望が持てました。大げさに感じるかもしれませんが、本当に「食後の浮き」には悩んでいたもので・・・(^^;)

20160901_02.jpg
↑更紗琉金(メス)。ほぼ更紗ではなくなってしまいましたが・・・(^^;)
1ヶ月前、夏の高温時に1日だけ完全転覆しました。それ以来浮いたり沈んだりを繰り返していたので、やばいかなと思っていましたが、ヘルシーラブスター給餌で正常に戻りました。まだ少しエサをやった直後は浮いたりしてますが、以前の餌と比べれば雲泥の差です。びっくり。(@_@;)

20160901_03.jpg
↑右上の白勝ちの更紗琉金(メス)はかなり前から浮き沈みの症状がありましたが、ヘルシーラブスター給餌後は回復傾向です。

20160901_04.jpg
↑古澤氏琉金(オス)は食後の浮きが強い仔でしたが、ヘルシーラブスター給餌後はほとんど浮かなくなりました。

20160901_05.jpg
↑左のキャリコ琉金(オス)は唯一、何を食べても浮きません。(^^; 

20160901_06.jpg
↑上のキャリコ琉金(オス)はお尻から浮き上がっていく一番危険なタイプ。ヘルシーラブスター給餌後は浮き症状はなくなりました。

また、1か月後くらいに結果を更新したいと思います。



*ご注意:あくまでウチの金魚、水槽状況の場合であり、個人の感想です。





↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!


にほんブログ村


コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ヘルシーラブスター給餌3日目 [エサ]

ウチの金魚の食後の浮き改善を目指すため、「金魚専門店カハラ」さんで購入した「ヘルシーラブスター」の給餌を開始して3日目です。
まだ1週間も経ってないので結論を出すのは時期尚早ですが、とりあえず途中経過の評価としては・・・

かなり効果がある と感じました。

給餌開始後、2日目からほとんどの金魚が食後に浮かなくなりました。こんなに効果が早く出るとは驚きです。
さらにすごいのが今まで与えていた餌よりもかなり多めに給餌しているのに大丈夫なのです。
このまま1週間、1か月と食後の浮きが発生しなければすごいことです。
今までやってきた食後の浮き対策は何だったんだ?ってことになりかねないです。(^^;)

20160826_01.jpg
最近浮き傾向にあった古澤氏琉金、キャリコ琉金の症状が軽減もしくは改善されました。
夜、帰宅して水面をボーっとして漂ってたことが多かったですが、「ヘルシーラブスター」の給餌を始めてからは人が来ると寄ってきて、エサをねだるようになりました。

20160826_02.jpg
久しぶりの登場「チビーズ金魚」たち。こちらはエサの効果が抜群にあります。今まで2~3匹は夕方に転覆したり、半数以上が浮き症状を起こしていたのですが、全くなくなりました。信じられない。(@_@;)
チビーズたちの食欲はさらにすごいです!そんなにおいしいエサなんですかね~?
ライト消すまで餌くれダンスしてます。今までの餌よりかなり増やしているんですけどね。(^^;)

1週間後にまた更新したいと思います。





↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!


にほんブログ村

コメント(0) 
共通テーマ:ペット

エサ増量作戦で飼育順調! [エサ]

20160508_05.jpg

かなり更新が滞りました。
エサ増量作戦を続けて1ヶ月以上経ちますが、飼育が順調すぎてネタがなくなったというのもあります。(^_^;)

現在金魚たちはエサを多めで飼育していますが、餌を少なく与えていた時よりも明らかに調子が良くなっています。
「食後にスーと水面に浮く、水中に潜れない」といった症状がほとんど見られなくなりました。
もちろん、エサのやりすぎはよくないですが、

エサが少なすぎるのもよくない

というのが分かりました。
私は運よく適正量を見極めることができた気がします。(前回日記2016.3.27)今までエサやらなさ過ぎたのかもしれませんが、自分が思っていたよりも金魚たちはエサを食べました。^_^;

エサやりの回数は1日2回。朝と昼すぎです。15:00までに与えます。
エサは在庫がある「おとひめ」「あゆソフト」「土佐姫」「アイドル」を与えています。
朝の給餌は主に「土佐姫」ですが、たまに「おとひめ」「あゆソフト」を与えてます。(0.5gスプーン4杯ほど)
昼すぎ(2回目)の給餌は必ず「アイドル」です。(0.5gスプーン3杯ほど) 「アイドル」は消化に良さそうだし、何より安いので継続使用しますが、「おとひめ」「あゆソフト」は通販なので送料が痛いから今後使わないです。「土佐姫」は売っているところ限られてるし、高価なのでこちらも却下。代わりの餌を模索中です。候補は以前使ったことがある「メディゴールドIGP沈下性」か「プロリア」にしようと思います。
浮上性エサも沈下性エサも「食後の浮き」についてはほぼ関係なかったです。(ウチの場合)
エサの量が重要で多すぎてもダメ、少なすぎてもダメ。
という結論に達しました。

エサをたくさん与えると水が汚れるので、水換えや強力な濾過フィルターが必要になります。
今のところ、琉金5匹の60cm水槽で、スポンジフィルター3つの濾過、週1の水換えで問題ない感じです。
オキシデーターとミラクルバクテの効果は・・・、やっぱりいまいち分かりません。(-_-;)
というのもオキシ液補充やミラクルバクテの追加を1~2週間くらい忘れてしまう時あるのですが、金魚たちは全く問題なく過ごしています。(^^;

・・・いや、きっと何かしら効果あるのでしょう!( ;∀;) 
まっ、大して金かからんのでお守りだと思って続ける予定です。

20160508_01.jpg
右の更紗琉金は浮いたり沈んだり、尾ぐされ発症したりと調子悪かったのですが、餌多めで多少持ち直してきました。

20160508_02.jpg
古澤氏琉金も元気です。水換えすると必ずメスを追っかけまわします。
その元気がうらやましい。(^^;

20160508_03.jpg

20160508_04.jpg

ブログは色々後回しになってしまいますが、細々と続けていきたいと思います。(^^;)



*ご注意:あくまでウチの金魚、水槽状況の場合です。(給餌後、水面を漂って、エアパクを続ける。転覆まではしていない状態。) 浮き症状、転覆症状は様々ですので、餌を多く与えると症状が悪化する場合があります。金魚飼育素人の考えですので、一例としてとどめ、「浮き症状」については購入店や飼育のプロに相談してください。




↓↓↓励みになります!ポチっとお願いします!

にほんブログ村


コメント(0) 
共通テーマ:ペット
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
当ブログはリンクフリーです。 記事、写真などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載はお断り願います。